現在話題になっているうつ病とは|最新診断テストで症状をチェック

疑うことが第一歩

病院

自分にうつ病の疑いがないかどうかを知る手がかりとして、診断テストを試してみることは有効です。多くの項目が該当するようなら、迷わず病院を受診することでうつ病は治療可能です。病院を訪れるかどうかがうつ病を治すための大きな分かれ目となります。

Read More...

精神的な症状を気軽に診断

先生とナース

うつ病は日本人にとって身近な病気となり、治療に対する関心も昔と比べて高くなりました。しかし、精神的に正常な判断ができないため、症状に疑いを持たない人も目立ちます。隠れた症状も含めて、うつ病の診断テストが、その症状を受け止めていくきっかけになってくれます。

Read More...

早く診断して治療を開始

診断

病気であると気づくために

今、世界中で深刻なうつ病を患っている人がたくさんいます。どんどん複雑になっていく社会や大気汚染などの環境の悪化に伴い、人々は常日頃から激しいプレッシャーやストレスにさらされ精神的なダメージを受けているためです。うつ病を患う人の理由や症状はさまざまで、医療機関の専門医でもむずかしく慎重に時間をかけて診断する必要があると言われている病気です。そのため、周りの人はおろか病気を患っている本人ですら気づかないことも多く、気づかない内に深刻な状態になっていることが多いのです。例えば、うつ病が原因でやる気が低下して行動が遅くなっていても、周りはたださぼっているだけと判断したり、本人自体もなぜやる気が出ないのだろうと悩んでいることがあるのです。実際には、真面目で一生懸命働く人ほどうつ病になるものなのです。うつ病は、一度患ってしまうと回復するまでに時間がかかる病気です。一日も早く病状に気が付き対応することが大切です。かといって、すぐに心療内科や精神科に行くのに抵抗がある人は、自分一人で診断テストを受けることもできます。正確な医療の診断結果になるわけではないですか、自分に問いかけ自分を見つめなおすことでいろんなことが見える良い機会になります。また病院に行く前の心の準備をすることできます。最近では、うつ病に関する本やインターネットのウェブサイトで自己診断テストを容易に見つけることができます。それらのほとんどが、後ほど話すうつ病の診断をするための世界的基準を元にして作られています。気になる人は一日でも早く確認することが重要です。

一日でも早く治療を開始

大抵、病院に行く場合精神科や心療内科で受診します。うつ病の診断テストをする前に問診を受け、いつから症状が始まったか、どのような症状が表れているか、症状が表れたきっかけは何か、日常生活や社会生活に支障をきたしているかどうかを診断します。本人だけではわかりにくい場合は家族からも症状を聞くことがあります。現在患っている病気がないか、今までのかかった病気の内容も確認します。症状が病気によって体のどこかが正常に機能していないことによって表れているかもしれないからです。それから、世界保健機関と米国精神医学会によって作られている9つの項目が基準になっているうつ病の診断テストを受けることになります。2週間の自分の行動や気分を思い出し、9つの項目が5つ以上当てはまる症状がある場合、うつ病もしくは前段階と言えます。その内容は、一日中抑うつ状態が続く、喜びを感じることや物事に興奮することがない、食事療法をしているわけではないのに著しく体重が減少したり増加したりしている、毎日不眠もしくは睡眠過多になっている、常に焦燥感がある、疲れがあり気力が減退している、常に無価値観や罪悪感がある、思考力が低下し物事が決断できない、死について何度も考えたり自殺を考えているなどの項目にどれくらい当てはまるかを確認します。症状が投薬などの物質的な影響を受けているものではないということも考慮されます。うつ病と診断された後は、症状や原因を考慮したその人個人に合った治療を実施し回復を目指すのです。

早期発見と早期治療

悩む人

うつ病は気分が沈む精神的な症状と、体重の変化などの身体症状がいっしょになって現われることの多い病気です。自殺の危険性もあることからうつ病の可能性が高い場合は早めに精神科や心療内科を受診する必要があります。うつ病の可能性がないかどうか簡単な診断テストで判別することができますから参考にしましょう。

Read More...